ソメッチのブログ

50代独身・働きたくないコミュ障おじさんのごくフツーの日常。

カテゴリ: 映画

どもども!
50代・独身・ボーっと生きてるコミュ障おじさんこと、ソメッチです。

ソメッチは、もう何年も前からですが、Amazonプライムの会員になっています。

(それどころか、別料金のKindle Unlimited読み放題の会員にもなっています)
66C063BA-5A72-4A7E-BEF3-1730DF940254

Amazonプライムの会員料金は月額500円くらいなのにも関わらず、
プライムビデオで見れる映画・番組がめっちゃ多いです!

本当に、見たいコンテンツがたくさんありすぎて、時間がいくらあっても足りませんねー。


私の夢は、FIREとかアーリーリタイアという、働かなくてもよくなることなんですが、
もしも夢がかなって無職になったとしても、アマプラ見てるだけで毎日退屈しないで済むなー・・・、と時々夢想しちゃいます。


アマプラのメリットは他にもありまして、私の住んでいる山形県で放送されていない・そしてTVerでも配信されていないアニメなどは、もうアマプラだのみと言っても過言ではありません!
(まあ、ネットフリックス独占とか、そういうのもたまにあるけどネ)


過去記事【アニメで感動して泣く50代独身】でもちょっとふれましたが、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」もアマプラがあるからこそ、今も見れているので、めっちゃ感謝!


こんな感じでアマプラのおかげで、豊かなアニオタライフが送れているわけです。

今期、特に面白くて毎週見ているのは、「その着せ替え人形は恋をする」です。



ソメッチのイチオシのアニメです。
原作はマンガなんですが、今期どこまでやるかも楽しみ。

もう、他にもアニメがいーっぱいありすぎて、興味があるアニメも大半は見ることができずに過ぎてっちゃうんですよね。

IMG_3449


そうそう、Amazonプライム見放題ではなく、ちょっとお高めの有料なのですが、なんと、
マトリックス レザレクションズ(字幕版)」がプライムビデオに入ってました!



えええ!? ちょっと早すぎない??
オレ先月見たばっかりなんだけどなー・・・、とビックリしました。
(過去記事【マトリックス レザレクションズを見てきた】参照)
Amazonプライム会員の方は、2月13日まで500円引きクーポンが使えるみたいです。

まだ見てない方は、映画館以外に選択肢が増えていいですねー。
マトリックス レザレクションズ、見る人がさらに増えるといいな。


・・・というわけで、今回はアマプラの魅力を好き勝手に語らせていただきました!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
それでは、またねー! バイバーイ。




人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


32 


どうもどうも、50代・独身・働きたくないコミュ障オヤジのソメッチです!

IMG_3199

実は、映画「マトリックス レザレクションズ」を見に行ったのは2021年の暮れなんですが、忘れないようにメモ的に記事にしておこうと思う。(年のせいか、ブログに書こうとしてたことをすぐ忘れそうになるのよねぇ)


 1999年。俺は、ゲームクリエーターの小島監督が映画マトリックスをおすすめする記事を読んで、それをきっかけに、なんとなく映画館でマトリックスを見た。

 その時に、ものすごい衝撃を受けた!
 なんだ!? こんな物語があるのか!! すげぇ!!!

 その映像のセンスにも魅了されたが、個人的には、やはりマトリックスの魅力は今までの世界の価値観が一気に変わるところだと感じるのだ。
 なので、2作目のリローデッド、3作目のレボリューションズは、それほど驚かされなかったが一応見た、という感じ。
そして、徐々にマトリックスで受けたインパクトは忘れていくのだった・・・。

そして、2021年にこのマトリックス レザレクションズ公開となるのだが、一作目のマトリックスの夢よ、再び・・・と、見に行ったわけです。

結論からいうと、あの衝撃は再度味わうことはできなかったまでも、それに似た感覚を少しだけ味わうことができて、まあまあ満足、という印象かな。

あと、どうしても記しておきたいのは、キアヌ・リーブスがかっこよくキャリー=アン・モスが美しい
二人とも50代なんだけどかっこいいよなぁ~。
50代独身男にとってはなんか夢みたいな物語でもあるなぁ。

まあ、ネタバレを避けると、語れるのはこんなところなんですが、やっぱたまには映画館のスクリーンで映画みるのも集中して見れていいっすね。

と、いうわけで、マトリックス レザレクションズを見てきた話でした!

読んでいただきありがとう! ご縁があったらまた!




第14回目の記事でした。

↑このページのトップヘ